【LINE】間違えて「削除」したメッセージを「送信取消」する方法

LINEのロゴ

LINEで誤爆した時に便利な「送信取消」機能ですが、焦って「削除」を選択してしまうと、メッセージが消えてしまうので「送信取消」を選べません。

「まずい…このままだと誤爆メッセージが見られる…」

今回はそんな時に知っていると助かる、LINEで間違えて削除したメッセージを送信取り消しする方法をご紹介したいと思います。

LINEの「削除」と「送信取消」の違い

まずは、LINEの「削除」と「送信取消」の違いについて簡単にまとめたいと思います。

「そんなのいいから早く送信取り消しする方法を教えて!」という方は、こちらに飛んでください。

LINEのメッセージを削除した場合

LINEのメッセージを削除した場合、自分と相手のトーク画面はそれぞれ以下のようになります。

  • 自分:削除したメッセージが消える
  • 相手:変化なし

自分のトーク画面からメッセージを消すことはできますが、相手のトーク画面からメッセージを消すことはできません。

LINEのメッセージを送信取り消しした場合

LINEのメッセージを送信取り消しした場合、自分と相手のトーク画面はそれぞれ以下のようになります。

  • 自分:メッセージが消え、「メッセージの送信を取り消しました」と表示される
  • 相手:メッセージが消え、「【あなたの名前】がメッセージの送信を取り消しました」と表示される

(既読前であれば)メッセージ内容を相手に見られずに済みますが、何らかのメッセージを送ったことは相手にバレます。

注意

相手が古いバージョンのLINEを使っている場合は、送信取り消ししても相手のトーク画面からメッセージは消えません。

LINEのメッセージを「削除」した後に「送信取消」する方法

ここでは、スマホ版のLINEで削除した場合の手順を解説します。パソコン版のLINEで削除した場合は、以下の手順をスマホ版のLINEに置き換えて読んでください。

STEP1)パソコン版のLINEにログインする

パソコン版のLINEを起動し、ログインします。

【LINE】間違えて「削除」したメッセージを「送信取消」する方法

インストールがまだの方は、下記リンク先からインストールしてください。

STEP2)トーク画面を開く

画面左側から送信取り消ししたいメッセージを送ったトークルームを選択します。

【LINE】間違えて「削除」したメッセージを「送信取消」する方法

STEP3)メッセージを送信取り消しする

スマホ版のLINEで削除しても、パソコン版にはまだメッセージが残っています。送信取り消ししたいメッセージ上で右クリックし、「送信取消」を選択します。

【LINE】間違えて「削除」したメッセージを「送信取消」する方法

「確認」を選択します。

【LINE】間違えて「削除」したメッセージを「送信取消」する方法

これでメッセージの送信取り消しは完了です!

以上の操作を行うと、相手のトーク画面は以下のようになります。

【LINE】間違えて「削除」したメッセージを「送信取消」する方法

まとめ

以上、LINEで間違えて削除したメッセージを送信取り消しする方法でした。

LINEで誤爆してしまっても、この方法を知っていれば安心です♪

ただ、削除したのと同じ端末で送信取り消しはできないので、場合によってはすぐには送信取り消しできません。

その間に既読がついてしまうかもしれないので、送信取り消ししたい時は、間違って削除してしまわないよう、慎重に操作しましょう。